〈第2回 動物福祉検定初級試験(10月20日 )は終了いたしました>

動物福祉検定を受けてみませんか?

 

第3回動物福祉検定初級試験は
12月23日(土祝)に行います

★受験申し込み受付中!!★

 
 

【 動物福祉検定について 】

日本は動物愛護後進国と言われて久しく、2000年から動物愛護法の改正が進められていますが、未だに動物愛護は「動物好きが行うもの」という認識が根強くあります。しかし、動物への福祉は動物が好きか嫌いかで行うものではありません。また、個人的な感情や考えで動物に対するのではなく動物の生態や習性を学び、客観的な判断ができる事が大切です。

動物愛護法などにより市民を充分に指導できる状況があれば、日々の中で動物福祉が学べると思います。しかし、日本はまだ道半ばの為、動物に関心のある方々が率先して学び、客観的な視点で動物への福祉の必要性を広げて行かなければなりません。
動物に関わる問題は、単に動物そのものの事でなく、人の生活に密接に関わる部分が多く、動物が人間社会に組込まれているが故の社会的な問題と言い換えることができます。 これからの日本では、個人的な感情に左右されぬ基礎知識や思考の構築、動物の種による適正対応の違い、公衆衛生の観点なども含めた動物への対応を学ぶ必要性を鑑み動物福祉検定を始めることに致しました。

この検定は、初級検定、中級検定を経た後、「動物福祉士」という実践的な指導のできる方々の養成を目標として進めますので、たくさんの皆様にご参加頂けることを願っております。


 

【 第3回 動物福祉検定初級のご案内 】

 
 

〈 受験資格 〉
どなたでも受験できます

〈 試験日時 〉
第3回試験
2017年12月23日(土祝)
・13:00〜14:30(受験者定員80名)

〈 試験会場 〉
かながわ県民センター
所在地:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目24?2
*「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩約5分

〈 検定内容 〉
法律等で区分された動物の種による扱いの違い、その経緯や現在の状況など、日本の動物の現状から幅広く出題します。

〈 出題形式 〉
3択方式・問題数100問

〈 申し込み締め切り 〉
2017年12月16日
*但し、定員に至り次第受付を終了させて頂きます。

〈 受験料 〉
5,400円(テキスト代2,160円および消費税込)
*テキストは市販しておりません。
*尚、第1回・第2回試験に申込みをされ、テキスト購入済の方は、3,240円(税込)にて受験できます。申込フォームの備考欄に「テキスト購入済」をご記入ください。

〈 申し込み方法 〉
@HP申し込みフォームより申し込み
A申込用紙(ダウンロードまたは事務所にて配布)に記入の上、FAXまたは郵送による提出。
*FAX:045-433-1742
*郵送:〒222-0024 横浜市港北区篠原台町6-41
    (公財)神奈川県動物愛護協会 動物福祉検定係宛

〈 受験料振り込み 〉
申込後、1週間以内に受験料をお振込ください。入金の確認にて申込み完了を通知し ます。
*振込先:横浜銀行 六角橋支店 普通1624858
     公益財団法人 神奈川県動物愛護協会
     ザイ)ケンドウブツアイゴキョウカイ
・ご入金後の受験料はご返金できません。
・振込手数料はご負担ください。
・受験申込者と同じお名前でお振込みください。
*申込み完了後、テキスト・受験票・試験会場案内・注意事項等を郵送します

〈 結果通知 〉
試験終了後、約1か月程度で結果を通知し、合格者には合格証と合格カードを同封いたします。

 
(12月16日締め切り)
 
 

■ページTopへ
■ HOMEへ